Vライン・Iラインの脱毛&お手入れの方法

Vラインの黒ずみケア

Vラインの黒ずみケア

水着などを着て、肌の露出が多くなるとVラインの黒ずみも気になり始めますね。最近はカットに角度のある下着や水着も多いので、ますます気にする女性は多いのではないでしょうか。できれば黒ずみのないVラインで夏をエンジョイしたいと女性なら誰でも考えると思います。

黒ずみとはいっても、Vラインのお手入れなどどうすればいいのでしょうか??

知らない人も多いのですが、Vラインにもコツコツ、美白ローションなどを塗っていくことが黒ずみをなくす近道です。

美白ローションといってもVラインの黒ずみ用のものが売られているわけではありませんので、ボディ用のもので構いません。ちなみに、叶姉妹の姉・恭子さんもVラインのお手入れは大事にしているそうで、ラバスティという化粧品(なんと2万円だそうです!)をつけているとのことです。

これはさすがになかなか手の届かない方法ですが、ボディ用の安価なものでも黒ずみケアに効果はありますので、Vラインの黒ずみが気になっている人は、毎日のお風呂上りに始めてみて下さい。

また、下着のきついものをムリしてはくのも、Vラインの黒ずみを促進してしまいますので、気をつけた方が良いですね。

Vラインの黒ずみの原因

Vラインの黒ずみの原因

Vラインの黒ずみはどうしてできてしまうのでしょうか?Vラインは毎日洗っているし、どうしてだろう?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

Vラインの黒ずみの原因の1つは下着の締め付けです。下着のゴムが特定のところにあたり続けると、その部分の肌が刺激にさらされます。その刺激に対抗しようとして肌が黒くなっていく、というわけです。また、最近ではタイトなジーンズなどを身につける機会も多くなり、カッコいいのですが、締め付けが多くなっているのも事実です。その結果、Vラインに黒ずみが発生してしまうのです。

これを防ぐには、極論すると下着を身につけなければいいことになります。しかし、衛生上からしても、下着を身につけないというのは現実的ではありませんよね。

そこで、下着選びが大切になってきます。Vラインのあたりに締め付けがない下着ならば黒ずみも発生しにくくなります。また、Tバックもおすすめです。Tバックであれば、Vラインの締め付けはほとんどありません。

下着の締め付けに注意しながら、美白化粧水などでVラインをケアしてあげれば、黒ずみは少しずつ改善されていくでしょう。

Vラインの黒ずみを解消するには?

Vラインの黒ずみを解消するには?

Vラインの黒ずみを解消するには、お肌のターンオーバーを促進させることが大切です。

Vラインの黒ずみに限らず、体の色素沈着は基本的にお肌のターンオーバーが滞ることで発生しますので、その観点から解消しようとするのがオススメです。

まず、色素沈着などはお肌の余分な角質などが取りきれていないことが原因ですので、Vラインの黒ずみについても顔の角質とりと同様にスクラブ入りボディソープなどで洗う解消法があげられます。

あまり強くこすり過ぎてもよくありませんので、優しく洗いましょう。また、毎日ではなく、何日かおきに実行するのが適度でしょう。

また、化粧水などで角質をふき取る方法も考えられます。顔と同じように、Vラインの黒ずみもコットンでふき取っていきます。美白効果のあるビタミンC系のローションなどを使うとさらに効果的でしょう。

汗をかいて新陳代謝をよくするのもVラインの黒ずみには有効です。半身浴やサウナなどで汗をかき、もちろん上がったあとは清潔にして、化粧水やクリームでケアしてあげます。

下着による締め付けや摩擦に注意しつつ、お肌のターンオーバーを促進させてあげることが、Vラインの黒ずみ解消の近道です。