Vライン・Iラインの脱毛&お手入れの方法

Vライン脱毛の注意点

Vライン脱毛を始めるにあたって、注意した方がいいことはなんでしょうか。はじめに、Vライン脱毛はデリケートな肌の部分ですので、あまり刺激の強い脱毛方法は望めません。

刺激の強い脱毛方法というとニードル脱毛です。これは痛みがつよく、Vライン脱毛には少し厳しいと思われますが、医療機関によっては麻酔をかけて脱毛施術してくれることがあるようです。

それより格段に刺激が少ないのがレーザーによるVライン脱毛です。医療用レーザー脱毛は効果も高く、医師が扱いますので心配も少ないのがメリットです。また、万が一Vライン脱毛の施術中にトラブルが起きたとしても、医師の判断によって治療措置が期待できます。

また、一般のエステでは光脱毛という方法をとっており、これはレーザー脱毛よりも若干効果は劣りますが、さらに刺激を少なくVライン脱毛をすることができます。こちらもデリケートなVラインの脱毛には適しているといえます。

この、レーザー脱毛と光脱毛がVライン脱毛の一般的な方法なのですが、両方とも「黒い色素に反応する光線」を使用しているため、日焼けした肌などはVライン脱毛しにくいとされています。日焼けの予定がない、秋冬に始めるのが、問題なくVライン脱毛を成功させるコツです。

Vライン脱毛 自己処理のデメリット

Vラインの脱毛までしなくても、自己処理でいいじゃない、と思う方も多いかもしれません。しかし、ムダ毛の自己処理はデメリットもたくさんあり、デリケートなVラインならなおのことです。

カミソリによるVラインのムダ毛処理
Vラインを整えるときにカミソリで剃る人は多いでしょう。もっとも手軽だからです。 ですが、カミソリによる自己処理は肌を摩擦で荒れさせるほかに、色素沈着や傷口ができればそこが延焼する可能性があるのです。 しかも、カミソリでそっても数日で生えてきますよね。自己処理をくりかえすうちに、肌荒れや色素沈着が着々と進行していくことが多いのです。
除毛クリームによるVラインのムダ毛処理
Vラインをクリームなどで脱毛・除毛することも一般的かと思われます。 こちらは刃などが当たらない分安全のように思われますが、毛の組織を溶かす脱毛薬品とはやはり強い影響力を持ちます。デリケートなVラインに脱毛・除毛クリームをつけることで、アレルギーやかぶれなどが起こるケースも少なくありません。
毛抜きによるVラインのムダ毛処理
もっと危険なのは、毛抜きで抜いてVラインを脱毛しようとすることです。毛抜きでムダ毛を抜くのはかなり肌に負担がかかりますので、カミソリでVラインを除毛しようとするのよりもはるかに毛穴を傷つける可能性があります。

Vラインのムダ毛を頻繁に処理するのであれば、永久脱毛を行った方が良いのです。